trace★blog

ココロとカラダに良いコトを…

*

7月29日Windows10発売! Windows9でない理由とは?

      2015/06/12

sponsored link


2015年7月29日より提供が開始される「Windows10」。

windows10

Windows7とWindows8/8.1ユーザー向け無償アップデート(発売後1年間)も予約開始が始まった。

なぜ「Windows9」でなく「Windows10」なのか?

それほど大きく進化を遂げたという表現なのか?

それでは、探っていこう…


sponsored link

まずはWindows10の特徴をチェック。

Windows10ではスタートメニューが復活

管理人もWindows8で残念ながら使いにくく感じたModernUI(Metro)インターフェース。Appleに対抗した感覚的操作へ変更したのか、画面に表示されるタイルでのデザインを操作するものだが、思惑とは違い評価も低かったと思われる。

001l

今回、Windows慣れしたひとには、ありがたいスタートメニューが復活した。もちろん、これまでのMetroに切り替えることもできるデザインとなっている。またタイルの大きさを変えたり、自分だけのデスクトップデザインが可能になっている。

002l

またマルチタスクを強化しており、プログラムの操作性が向上している。

003l

 

これまでのWindowsユーザーを包括しながら、より進化したバージョンであることが覗える。では、「9」を飛び越え「Windows10」という命名は、その進化が飛躍的であるというイメージなのか??

正式見解は??

正式にマイクロソフトとしては「新世代のWindows、そしてあらゆるデバイスで包括的に動作する幅広いプラットホームであるといったことを表している」と説明しているのみである。

SNSなどではWindows9から始まるWindows95/98と判定するアプリケーションの誤動作を避けるためでは、との噂もあるがこれに対しての見解もない。

 

ちなみに、これまでのWindowsのバージョン名を調べてみると…

歴代Windows…簡単に

歴代のMicrosoft Windowsは…

  • Windows1.0(1.0)1985年
  • Windows2.0(2.0)1987年
  • Windows3.0(3.0)1991年
  • Windows3.1(3.1)1993年…ここから管理人はお世話になる(職場)
  • Windows95(4.0)1995年…管理人初めてのパソコン購入始まる
  • Windows98(4.1)1998年
  • WindowsME(4.9)2000年
  • Windows2000(5.0)2000年
  • WindowsXP(5.1)2001年
  • WindowsVista(6.0)2007年
  • Windows7(6.1)2009年
  • Windows8(6.2)2012年
  • Windows8.1(6.3)2013年
  • Windows10(10.0)2015年

()内は内部バージョン

Windows「10」ネーミングの真相は??

これをみて分かるように、年号と内部バージョンがネーミングに関係していることが多い。Windows10の内部バージョンは「6.3」からの「10.0」と過去最高の上げ幅であり、またWindowsシリーズでは最後のバージョンとのこと。

「10」はホップ・ステップ・ジャ~ンプ!の「ジャンプ」!?

 

管理人はWindows最後のジャンプということでキリよく「10.0」にしたのでは?と推測する(あくまで推測)。ということで、何か期待感のあるネーミングではないかということで…

 

我が家ではWindows「JUNP」と名付けて可愛がろうっと(笑)。

 

  •  この記事がよかったらいいね!してネ♪
  •  シェアはこちらから

 - 社会